地球温暖化ストップ!世界規模で進めたいエコ意識

最近見かけた温暖化対策と思われるエコロジー

最近、エコと言う言葉が一般的に当たり前のものとなってきました。
そもそも、エコとはエコロジーの事で生態学の意味を持ちます。
そこから、環境にいいという意味に変わってきている、俗語だと思います。
環境にいいといわれる中で、最近太陽パネルが注目を浴びていると思います。
そう思っているのが、自分だけなのかも知れませんが、実際に目撃した中で、小学校の改築の際にでかでかと太陽パネルが小学校の屋根という屋根に設置されているのを目撃しました。
小学校が改築されるに当たって、今では当たり前の事業になってきているのかもしれません。太陽光パネルにすると、なぜエコなのか?
それには次の事があげられます。
そもそも、太陽光パネルは電気を太陽の光で作ってしまおうと言うものなので、発電所で発生する二酸化炭素の削減に繋がります。
二酸化炭素が減れば、温暖化対策となり、文字道理、エコロジーな訳です。

温暖化対策が、なぜエコなのか。それは、生態学の観点で温室効果ガスの二酸化炭素が増えれば、地球の温暖化が進み、生態系に異常をきたすからです。

たとえば、海の水温が上がれば、適温で暮らしていた魚たちが死にます。
また、温暖化で、砂漠が増えれば、森に住む動物たちがすむ場所を追われることになります。
自分たち人間ですら、住む環境がひどくなれば、絶滅に追いやられる可能性があります。
自然のエネルギーをいかに活用していくかが、私たちのこれからの課題になっていくと思っています。