地球温暖化ストップ!世界規模で進めたいエコ意識

エコという言葉の流行と反対に耳にしなくなった温暖化という言葉

最近エコという言葉が流行っていますが、最近以前ほど聞かなくなった言葉があります。
それは温暖化です。

私が学生の頃に日本で温暖化の国際会議が行われました。
その頃はテレビでも温暖化の話題を大きく取り上げていましたが、最近はその言葉をあまり聞かないし、人々にも危機感が減っていると思います。
様々な環境問題は常に出てきますが、今も北極の氷河が溶けたり、海面上昇が起こっているはずです。

現に、私が子供の頃よりも今は真夏の最高気温が驚くほど上がっています。
10度近くは上がっているのではないかと思います。

近年はその状況が当たり前で、誰も温暖化のせいだと口にしなくなったように思います。
温暖化が進んでいるのが現れている現象として、都心部に南国でしか生えない植物が生息している等の情報は最近良く聞きます。
温暖化の国際会議から10年以上立ちましたが明らかに温暖化は促進しています。
その当時よりは家電のエコ化やゴミの分別により二酸化炭素を出さないようにするゴミ処理が進んでいるはずです。

しかし日本以外の国もどんどん発展しているために開発等を行う際に大量の二酸化炭素が排出されて気温はどんどん上昇していきます。

これを解決するには日本だけの話では無く、世界各国が協力し合わなくてはなりません。それなのに、今はどの国も自国が産業でトップクラスになるためにそのような事はおかまいなしの状況です。

このままの状況が続くと人類は自滅してしまいます。
今ならそれを防ぐ事が出来るので、世界中が温暖化にきちんと向き合わなくてはならないと思います。

話題のエコは、きちんと整理されているこのサイトをブックマークしましょう